一般社団法人 臨床ニューロフィードバック協会ホームページ

更新情報・お知らせ

2018年5月2日「第2回臨床ニューロフィードバック研究会」※PDFファイルが開きます
2018年5月3日~6日「モッシュ博士の基礎ニューロフィードバックセミナー」参加受付中
2018年3月4日・25日開催「第三回基礎セミナー事前勉強会」 受付終了
【最新の論文概要】に「Nicholson 他(2016)」を掲載しました
【最新の論文概要】に「摂食障害の認知行動療法」論文要約掲載しました
2018年1/6~13「第三回ニューロフィードバック勉強会開催」終了
モッシュ・パール博士によるアルファシータ・QEEGセミナー 終了

一般社団法人 臨床ニューロフィードバック協会 ホームページ

一般社団法人 臨床ニューロフィードバック協会ホームページへお越し頂き、ありがとうございます。

ニューロフィードバックとは

ニューロフィードバックとは、脳の自律的な活動を視覚と聴覚のフィードバックにより条件づけることで、望ましい脳の状態を作るトレーニングです。主に以下の二つの領域に効果があります。
①うつ病、発達障害、不安障害などの症状の改善
②アスリートや音楽家のパフォーマンス向上


【脳波の種類と出現しやすい状態】
脳波の振幅 脳波の種類 出現しやすい状態
0~3Hz

デルタ波

深い睡眠時に出現する

4~7Hz

θ(シータ)波

うとうとしている状態

8~12Hz

α(アルファ)波

リラックスしている状態

13~23Hz

β(ベータ)波

集中したり作業をしている状態


ニューロフィードバックを学ぶには

一般社団法人臨床ニューロフィードバックでは前オーストラリア整理神経学会会長で、国際的なニューロフィードバック認定団体の指導者認定を受けているモッシュ博士をお招きし、ニューロフィードバックを包括的に学べるように以下の3つのセミナーを提供しています。
※最初に①から始め、②、③のセミナーに参加される事で理解が進みます。
①基礎ニューロフィードバックセミナー
②アルファシータセミナー
③QEEGセミナー

※当協会では、はじめての方でも学べるように、脳科学入門、学習心理学、生理学入門、ニューロフィードバック入門講座を、事前トレーニングセミナーとして提供しています。
※ニューロフィードバックのセミナーは、医療関連領域の方だけではなく、運動や音楽のパフォーマンス向上や、また学習成績を上げたいお子さんをお持ちのご家族もご参加いただけます。

「一般社団法人臨床ニューロフィードバック協会」は、ニューロフィードバックの質の向上と可能性追求、そして何よりもクライアント様への正しい施療を第一に日々研究を行なっております。従いまして、本協会認定のニューロフィードバックセラピスト以外の施療者及び団体に関しましてのクレーム等へは、一切ご返答致しかねます事を予めご了承ください。

ニューロフィードバック認定セラピストになるには

本協会では、カウンセリング技術や機器操作に加えて、オペラント心理学や脳科学、生理学の知識をもった質の高いセラピストの育成を図るために、以下を資格認定の条件としています。

①脳科学、生理学、オペラント心理学、ニューロフィードバックの筆記試験に合格
②モッシュ博士の基礎セミナー終了
③ご自身や、ご家族、周囲の方に対する50セッションを終えた方を臨床ニューロフィードバック認定セラピストとして、資格認定しております。


医療関係者あるいは臨床心理士資格をお持ちの方だけではなく、様々な問題を抱えるクライアントのご家族にも、ぜひ目指していただきたいと思います。

代表事務局所在地

〒141-0031
東京都品川区西五反田2-14-11ゼコウレジデンス602号
日本NFB株式会社内

臨床ニューロフィードバック協会

Support group.

↑ PAGE TOP